振袖

打掛(色打掛)とは

打掛は、女性が着る着物の一種になります。着物の上にもう一枚、打ち掛けてはおるということで打掛といいます。
別名「掻取(かいどり)」ともいいますが、これはそのまま歩くと裾を引きずってしまうため、裾を掻い取って歩くことからついたそうです。

室町時代から江戸時代にかけては、別の着物を羽織る打掛姿が武家の女性の正装でした。

打掛の中でも、婚礼で着用するものを「色打掛」といいますが、婚礼に打掛を着るようになったのは江戸時代の後期だといわれてており、富裕層の町人女性から広まり、現在においては正礼装とされるに至ります。

色打掛は、金糸の入った華やかな衣裳が多いので、重厚感、きらびやかさを出したい花嫁様にお勧めの衣裳です。
当店、東京・銀座「京鐘」では様々な色打掛をご用意し、レンタルしております。

色打掛の選び方

和婚ブームの理由の一つに、従来の伝統にとらわれなくなってきているということが挙げられます。
色打掛の色・柄は豊富なバリエーションが存在しますし、髪型も自由に洋髪にアレンジすることも今では普通です。つまり、大切なのは自分に似合うということ。
髪のアレンジ含め、自分に似合うものを選ぶのはもちろんですが、式場の色味なども考慮してコーディネートすると一層映えるはずです。
以下、簡単に色味について簡単にですがまとめてみました。色打掛は柄との組み合わせで大きく印象が変わりますので参考まで。

【赤】一番人気にして定番の色打掛です。華やかで式場に映えます。神社などで用いられる神聖な色なので結婚式にはぴったりです。
【黒】落ち着いた、シックでエレガントな印象を与えます。
【緑】健康的で爽やかな印象に。柄との組み合わせ次第で、かわいくも上品にも。
【紫】古来より高貴な色とされています。落ち着きと気品のある印象を与えます。
【黄】ビタミンカラーの黄色は、元気で明るく活発な印象です。柄との組み合わせ豪華な印象にも。
【青】色味によって、爽やかな印象から高貴な印象までさまざまです。
【ピンク】かわいらしさならピンクが一番です。女性らしさを印象付けられます。
【金】豪華な印象。おめでたい場に用いる色でもあり、結婚式らしい色です。

当店、東京・銀座「京鐘」でも様々な色打掛をご用意。レンタルしております。