振袖


    唐織・綴れ織などが代表的な織です。
    能衣裳など舞台衣装としても使用されるので、遠目からもはっきりと柄が浮き上がって見えるのが特徴です。
    また、流行なく人気なのは、赤地の鶴の古典柄。
    初めてのご試着でイメージがわからない方は、まずここからのご試着をお勧めします。






    紅型(沖縄の染)・引田絞り(染め)・辻が花(絞り)などが染の代表的な柄です。
    多彩な色使いなものが多く、かつ華やかすぎない上品さが出るのが特徴です。
    また、織、刺繍のものと比べると、幾分重さが軽いので、着ていても疲れにくいです。






    仙頭・相良・蘇州が三大刺繍と呼ばれてます。
    職人が細い糸を何度も重ねて手刺繍した一品は、一点を仕上げるのに1年2年かかるものばかり。
    時間をかけた分、織の着物の太い糸より一つ一つの柄がより立体的に、かつ上品に映えます。
    値段は他のコレクションより若干上がりますが、
    お着物好きのご新婦様・お母様も必ずご納得されるのが この刺繍コレクションです。